第三章 : Windows の初期設定変更 ( システム ) : Windows 7 クリーンインストール

第三章 : Windows の初期設定変更 , システム 設定の変更 : Windows 7 クリーンインストールと Windows Update on Dell E4300

— page 05 —

この章では、初回の Windows Update を行う前の Windows 7 の初期設定について述べます。インターネット回線には未だ接続しません

こちらで必要な環境の整備の為に行っています。各人の必要とする環境によっては、あてはまらない場合があります。参考にする場合には、各項目の設定前に調査、検討を行い、確認した上で実施して下さい。

1. : タスクバーからの設定の変更

タスクバー -> 右クリック -> プロパティ (R) をクリックする。

  • 1.1 : タスクバー タブ
  • タスクバーのボタン -> 結合しない
  • Aero プレビューを使用してデスクトップをプレビューする -> OFF

  • 1.2 : [スタート]メニュー タブ
  • 最近開いたプログラムを[スタート]メニューに保存し表示する (P) -> OFF
  • 最近開いた項目を[スタート]メニューとタスクバーに保存し表示する (M) -> OFF

2. : 画面 -> 右クリック -> 個人設定 (R)

左ペインのデスクトップアイコンの変更をクリックする。

  • デスクトップアイコン -> コンピュータ (M) -> チェック
  • デスクトップアイコン -> ネットワーク (N) -> チェック
  • デスクトップアイコン -> コントロール パネル (O) -> チェック
  • 適用 (A) -> OK で閉じる

  • ゴミ箱 右クリック プロパティ (R) 各ボリュームのサイズを適正に調整する
    (ちなみに 64 MB に設定)

3. : インデックスの無効化

コンピュータ -> ダブルクリック -> ドライブを右クリック -> このドライブ上のファイルに対し、プロパティだけでなくコンテンツにもインデックスを付ける (I) -> OFF (チェックボックス を外す)。 -> 変更をドライブ C:\ 、サブフォルダ及びファイルに適用する。 -> チェックして OK をクリックする。アクセス拒否 が表示されても 続行 をクリックする。

全てのドライブ(ボリューム)にこの操作を行っておく

4. : コントロールパネルからの設定の変更

2. でデスクトップに表示させたコントロールパネルをダブルクリックして開く。

表示方法 -> 小さいアイコン (S)

表示方法 は、必要に応じて 小さいアイコン (S) , カテゴリ (C) を使い分ける

5. : Windows Update の設定の変更

表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> Windows Update を開く

左ペイン 設定の変更をクリックする。

5.1 : 重要な更新プログラム (I) -> オプションを選択して下さい 「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更する。

5.2 : 推奨される更新プログラム -> 「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する (R)」 -> チェックする。

OK をクリックして閉じる

注意 : 5.2 をチェックした場合には、推奨の更新プログラムが重要の項目に紛れ込んで検出される。各項目の詳細を確認しないと見分けが付かない。より保守的に運用する場合には、5.2 のチェックはしないでおく

6. : デバイスドライバの更新 の設定の変更

表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> デバイスとプリンター を開く

使用しているコンピュータ名のアイコンを右クリックする

または、上部に「拡張デバイス アイコンおよびインターネットからの情報を表示出来ます。設定を変更するにはクリックして下さい…」が表示されたらクリックする

6.1 : デバイスのインストール設定を開く (O) いいえ、実行方法を選択します チェック 確認

6.2 : Windows Update からドライバーソフトウェアをインストールしない (N) -> チェック 確認

7. : フォルダー オプションの変更

表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> フォルダー オプション を開く

全般 タブ : 自動的に現在のフォルダーまで展開する (X) -> チェックする。

表示 タブ : 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する -> チェックする。 ON

表示 タブ : フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する -> チェックを外す。 OFF

表示 タブ : 登録されている拡張子は表示しない -> チェックを外す。 OFF

表示 タブ : 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨) -> チェックを外す。 OFF

注意 : desktop.ini は、消してはいけない。保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)は調整作業が終了したら チェックをし、 ON にしておく。

8. : システムの設定変更

コントロールパネル -> 表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> システム を開く

左ペイン システムの詳細設定をクリックする

8.1 : パフォーマンスと視覚効果の設定変更

詳細設定 タブ -> パフォーマンス -> 設定 -> 視覚効果 タブ

スクリーンフォントの縁を滑らかにする 以外を 全て OFF (チェックを外す) -> 適用

8.2 : 仮想メモリの設定変更

コントロールパネル -> 表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> システム を開く

詳細設定 タブ -> パフォーマンス -> 設定 -> 詳細設定 タブ

仮想メモリ -> 変更 (C)

すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する (A) -> チェックを外す OFF

C: カスタム サイズ (C) -> チェックを入れる ON

初期サイズ (MB)(I) : 0 , 最大サイズ (MB)(X) : 0 を入力し、設定をクリックする

システムのプロパティ 警告のダイアログが表示されるが、はい (Y)をクリックする

D: カスタム サイズ (C) -> チェックを入れる ON

初期サイズ (MB)(I) : 2048 , 最大サイズ (MB)(X) : 2048 を入力し、設定をクリックする

OK で閉じる。必ず再起動する

8.3 : 起動と回復の設定変更

コントロールパネル -> 表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> システム を開く

詳細設定 タブ -> 起動と回復 -> 設定 をクリックする

システムエラー -> 自動的に再起動する (R) のチェックを外す -> OFF

システムエラー -> デバック情報の書き込み -> (なし)

OK -> OK -> システムを閉じる -> 再起動する

8.4 : システム変数の設定変更

一旦 システム , コントロールパネル を閉じる

エクスプローラを開き、D:\ を表示させる。必要なフォルダを作成する。

D:\ に D:\Windows_D , D:\Windows_D\Temp , D:\Program_Files_D , D:\User_D , D:\TEMP , D:\AppData_D , 必要なら共有フォルダ 等のフォルダを作成しておく

コントロールパネル -> 表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> システム を開く

詳細設定 タブ -> パフォーマンス -> 設定 -> 詳細設定 タブ

*** のユーザー環境変数 TEMP , TMP を 編集 (E) をクリックして、 D:\TEMP に変更する

システム環境変数 TEMP , TMP を 編集 (I) をクリックして、 D:\Windows_D\Temp に変更する

OK -> OK -> システムを閉じる -> 再起動する

8.5 : リモートの設定変更

コントロールパネル -> 表示方法 -> 小さいアイコン (S) -> システム を開く

左ペイン -> リモートの設定 -> リモート アシスタンス -> このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する (R) -> チェックを外す OFF

適用 -> OK -> システムを閉じる -> 再起動する

次の第四章で Windows サービスの確認と設定変更を行います。未だ、Windows Update には、進めません。

Hr-Line

[ 全章の目次 ]

目次 : Windows 7 クリーンインストールと Windows Update on Dell E4300 :

— page 01 —

序文 : デバイス構成とメーカー仕様 , 診断 : Dell E4300 :

— page 02 —

第一章 : HDD の取外しと診断 , 初期化 : Dell E4300 :

— page 03 —

第二章 : BIOS の再設定 , Windows 7 クリーンインストール, タスクマネージャの設定変更 :

— page 04 —

第三章 : Windows の初期設定 ( システム )の変更 :

— page 05 —

第四章 : Windows サービスの初期設定の変更 :

— page 06 —

第五章 : ネットワークアダプターとレジストリの設定変更 :

— page 07 —

第六章 : デバイス ドライバのインストール : Windows 7 クリーン インストール :

— page 08 —

第七章 : Windows Update 初回 SP1の適用 :

— page 09 —

第八章 : Windows Update SP1 適用後 初回の Windows Update :

— page 10 —

第九章 : 第二回目 .NET 関連の更新、Internet Explorer 11 インストール後 の Windows Update の検出とインストール :

— page 11 —

第十章 : 第三回目 セキュリティの更新、KB3102810 適用後 の Windows Update の検出とインストール :

— page 12 —

終章 : Windows 7 のクリーン インストールと Windows Update :

— page Final —

Issued by Volitional Engineering
( winveg.com ) on 20 Dec. 2015

関連記事 (Related article)